なとり義高と希望の星団
政策
議会 予定 紹介 車座会議 問い合わせ ホーム

中央市議会議員
なとり義高の
ページ

 

2019.11.20.更新

プロフィール
mail
blog
リンク
議会傍聴に来ませんか?

政策早見版
市民と実現宣言
議会政策のススメレポートおすすめ

ローカルミーティング車座会議


議会報告

星団新聞


星団の由来

星団の由来

12年間のご報告『みんなの声でみんなの力でできたこと』
『全力投球〜議会で質問したこと〜』

 

 

市民による持続可能な中央市をつくろう

星団日記


NEW!! 2019年
新しい政策早見図2
新 政策早見図4ができました


ソウイウモノニワタシハナリタイ


映画上映会 2019/6/15
『最後の一滴まで』



映画上映会 2013/4/7
『サイエンティスト
   たねと生き物の未来』


島田興生 スライドトーク
『水爆の島マーシャルの今』
2012/9/17
ビキニふくしまプロジェクト


映画上映会 2012/5/27
フクシマからの風


2011/8/6 山田 征さんお話会
おはなし会のお知らせ


豊かなはずなのに…どうしてこんなにくらしにくいのでしょう?「こんな世の中はおかしい!」と感じているみんなで、どんな社会にしたいのか、なにを選んでいくのか、一緒に考えてみませんか。」

市民による持続可能な社会。ひとりひとりの多様性が尊重される中央市。「質」を豊かにする政治。安全で汚れなき地球をわたしたちの子どもたちの未来のために

 



 

 NEWS!!
 *2019年12月7日 四季のお話し会 vol.7 開催 〜冬を快適に過ごすための養生法
 *マイクロプラスチック 海ゴミは川ゴミゼロから!〜台風後の川のゴミ拾いをしてみませんか??
  12月1日9時より ふるさと公園集合

 *6月15日映画会開催!「最後の一滴まで ヨーロッパの隠された水戦争」
 *四季のお話し会のお知らせ
 *3期目のご報告 〜みんなの声でみんなの力で実現できました!〜
 *ご報告 〜 8回の全力投球 議会で質問したこと、議長の全力投球
 *ホームページのお問い合わせ先について
 *新事務所ができました
 *2018年12月議会質問 『大災害時の広域避難について』

子どもにとってもっともいいこと 2019.11.20

  「子どもに、ではなく、子どもと」を大切に活動している大人たちの考え方は、次の 通りです。 「社会のかたすみで声をあげることもできない小さく抑圧された子どもたち、素晴ら しい才能と限りない希望を持ちながら、生まれや生育環境でさまざまな困難の中で 生活する子どもたち。この子どもたちとその家族に信頼してもらい、仲間に入れても らうこと、そして一緒に寄りそいながらともに歩もうとする小さなグループ。これが こどもサポートやまなしです。」
 目の前にいる困っている人、その人に最善を尽くしている人を見るにつけ不思議な気持ちになります。そ して、世界はおもしろいとも思います。うまく伝えられないのですが、日々、私の大切な仲間たちといるとふ と、そんなふうに思うのです。私が子どもの権利条約を知ったのは、まちづくり時習塾の初期、「シンクグロー バル、アクトローカル」と盛んに叫ばれていた頃です。田んぼや川原を仲間とほっつき歩きながら地球環境の ことを考えていた時期でした。子どもの権利条約が世界標準で国際ルールだと教えられても現実は何も変わ らないと思い、通り過ぎて行きました。ただ、今振り返ってみると身近な自然の中で子どもたちがなにげなく 足を止めて「ねぇ、これなぁに」と私たちに顔を向け、私たちがそれと向き合い一緒に気持ちを共有してきた こと、そんなささいな積み重ねが子どもたちの心に輝きをもたらしたことは確かです。子どもたちが自然の 中で遊んでいる姿にはすでに人がこの世で生きる上でのルールがつめこまれています。子どもたちの笑顔を 見ればわかります。議員になって新ためて子どもの権利を学び直して見ると、その条文さえも生き生きと私 に語り力を与え、これからどうしたらいいのか手にとるようにわかってきました。
 2つの世界大戦のさなか、子どもにとってもっともいいことをいつも考え、子どもたちと手をつなぎとも に生き、あらゆるものから自由になった子どもの権利条約の「精神的な父」と称されるコルチャック先生の残 してくれた64年の人生は、64歳の今の私に最高の希望をつないでくれています。
 「子どもの権利やまなしフォーラム」12月14日(土)13:00〜16:00 会場 甲府・山日YBSホール(山梨文化会 館地階)参加費無料があります。基調講演は山梨学院大学教授の荒牧重人さん、パネルディスカッションもあ ります。主催は♯広げよう子どもの権利条約やまなしキャンペーンです。こどもサポートやまなしも構成団 体です。おとながきっと元気になれると思います。ご参加下さい。
           
→ほかの文も読む
 

カナリアたちの叫び 2019.9.1

  「本人は死にたいと思い、周りは死んでくれと思う。そして、実際に死んでしまって周りは良かったと言う」化学物質過敏症を苦に自殺した女性の夫の言葉です。「香害(化学物質過敏症)から身を守る」古庄弘枝著・鳥影社発行より引用。化学物質や電磁波、エコキュートの低周波音などで体調をくずす人がいます。ごくわずかな環境因子でも、頭痛やめまい、吐き気、筋肉痛、耳鳴り、イライラ、集中力・記憶力低下・動悸・睡眠障害などさまざまな痛みや異常を引き起こします。想像してみて下さい。私たちの身の回りにはあらゆる化学物質が使われ、スマホがぴったりと寄添い電気製品のない家などありません。私たちは当たり前にこれらを享受し、その恩恵を受けています。それが、ある日を境に、恐ろしいものに変わってしまうのです。日本では化学物質過敏症の有病率は約8%、電磁波過敏症有病率は約6%と推計されておりその多くは併発して発症しています。専門医が少なく特効薬もありません。社会的にも認知されておらず、わがままや気のせいで済まされ周囲の理解を得られず適切な治療を受けられない人が全国にいます。7月1日、この2つの過敏症である中学生と保護者が文科省に高校進学できるよう要望書を提出しました。発症のきっかけは、小学校3年生の頃地デジ対応テレビを見ていて突然、頭痛やめまい、おう吐、腰痛が起きました。その後、柔軟剤や合成洗剤などから発生する香料(化学物資)にも反応するようになり体調不良の原因になっています。今通っている中学校では、(通学できていません)自宅での学習を教師や友人がサポートしてくれていますが、来春中学を卒業しても通えそうな高校が見つかっていません。公共交通機関や自動車の利用も困難であり、インターネットやテレビ・ラジオでの勉強も難しいので通信制高校に進学することもできません。
 このような状況の中、第5世代移動通信システム(5G)が開始されようとしています。5Gは、超高速大容量通信を可能にするため100m間隔でスモールセル・アンテナを設置し、28GHzという非常に高い周波数帯の電波を、至近距離で照射します。電磁波は、周波数が高くなるほど波長が短くなるので、周囲の建物などにぶつかると反射され遠くまで届きにくくなります。そこで政府は、全国に約20.8万基ある交通信号機や無数にある電柱に5Gアンテナを設置する方針です。5Gによって電磁波被曝が劇的に増加するため、海外では5G導入の一時停止を決めたり、設置場所を規制する条例を設けた自治体もあります。しかし、日本では5Gのリスクは知られておらず、電磁波過敏症の診断基準もないまま、導入が進もうとしています。これではまるで日本という国すべてを電子レンジの中に入れて24時間休みなくチンしているようなものです。籠の中に入ったカナリアは、かつて炭鉱労働者たちに死をもって危険を知らせました。カナリアは社会の問題を映しだしてくれる鏡です。弱者であるから大事にされるのではありません。私たちの進む方向を啓示してくれるからこそ大切にしなければならないのです。今、あなたに、カナリアたちの叫びが聞こえますか? カナリアは明日の「私」かもしれません。
           
→ほかの文も読む
 

水は商品か権利か 2019.6.1

 なとり義高の市民と実現宣言ではくり返し「森の文化・水の文化」を育み安全な水を守りますと宣言しています。特に4期目の宣言Wでは、「・・・水道事業の民営化には反対します。」と掲げました。このことは昨年12月、私がもう一度市議会議員にチャレンジしようと決意した時に起きたことがきっかけです。2018年12月6日、改正水道法が第197回臨時国会の衆議院本会議において、可決成立しました。これは、公共施設の運営権を民間企業に一定期間売却するもう一つの民営化(PFI)手法といわれる「コンセッション方式」の導入を自治体の水道事業でも促進するための法改正です。PFIは(プライベート・ファイナンス・イニシァティブ)の略語で民間の資金、経営・技術能力を活用し効率化やサービス向上を目指すものでイギリスが発祥地です。サッチャー政権による構造改革後導入され、その後世界の国々で採用されるようになりました。しかし、2018年1月そのお膝元でPFIの大手請負企業であるカリリオンが倒産し、病院や学校・図書館・刑務所などの様々な公共サービスに影響が出ました。イギリスの会計検査院は「PFIは通常の公共入札より40%割高。コスト削減効果もなく、透明性も悪化」と報告しています。最近ではPFIの新規契約が激減し、完全民営化の水道は7割を超える市民が「再公営化」を支持しています。1990年代に世界中で進んだ水道民営化は、30年経った今、もう一度公営に戻す再公営化が選択されています。ドイツベルリン市では、水メジャーと30年間の契約を締結しましたが約14年で契約解消。その内容は企業が利益を得ることを前提とし、赤字が出れば市民にそのツケが回されるというものでした。そして、ついに2014年再公営化しますが経営権を買い戻すのに13億ユーロ(約1700億円)ものコストがかかりました。2017年の調査では、世界33ヵ国で267件の水道公営化を市民が勝ちとりました。水は自治の基本です。儲かる儲からないに関わらずあらゆる人にとって水はなくてはならないものです。
 ドキュメンタリー映画「最後の一滴まで ヨーロッパの隠された水戦争」は大都市パリ、ベルリンの市民が、水道の再公営化を果した闘いを描き、一方で今まさに民営化を迫られているギリシャやアイルランドの人々の姿を対照的に登場させます。状況は違っていても水道を「権利」と位置付け民主主義や自治を取り戻そうとしている姿に共感せずにはいられません。崖っぷちに立たされている私たちにも大きな示唆を与えてくれる作品です。6月15日(土)19:00より玉穂生涯学習館にて上映します。ぜひ観に来てください。一緒に学びましょう。

→ほかの文も読む
                            名執義高